日本住宅保証検査機構(JIO) 採用情報

- JIOで働く社員 -
Interview

社員紹介

東京 亀戸 評価員
S. M. さん
一級建築士 評価員
2020年4月 新卒入社
住宅評価部で住宅性能の評価業務を担当

学生時代の経験から建設計画を考える

- なぜJIOを選んだのですか?

学生時代に行った東日本大震災後の仮設住宅の調査・研究を通して、住宅の品質や居住性を高めるためには設計が重要であると学びました。自ら設計するよりも幅広く、設計段階から人々の暮らしを支える仕事に従事するため、業界内でシェアが高く、住宅専門のJIOを選びました。

携わった物件が進行する嬉しさ

- 入社してどうでしたか?

評価業務を一言で表すと「間違い探し」です。基準を満たしていれば「適」、満たしていなければ「不適」です。設計段階の住宅を主な対象に、図面・計算書などから性能を審査します。現場を訪れることはありませんが、設計→着工→竣工→引渡しへと進む過程に、審査を通して携われることを嬉しく思います。

図面で全国の物件を横断する

- 面白みを感じることは?

審査を通した新たな工法や建材との出会いは、学ぶことが多く面白みを感じます。北海道から沖縄県まで日本全国の住宅を審査しており、環境や制度の違いによる特色があるため大変興味深く見ています。制度の改訂も多く、日本全体として住宅の高品質化が課題であると実感しています。

募集中の職種を確認する

S. M. さんの一日

普段の業務は、登録住宅性能評価機関の評価員として、図面・計算書等から住宅の性能の審査を行っている。

  1. 8:10 出勤・メール確認
  2. 8:30 新規物件の審査

    建築図面や各種申請書をレビューソフトなどを用いて審査を行い、指摘事項や不明点は質問書にまとめる。

  3. 11:30 図書修正物件の確認対応
  4. 12:30 ランチタイム

    外に出て近くのお店で食べてランチタイムを過ごす。

  5. 13:30 ご申請者さまへの電話質疑

    新規物件の審査や図書修正物件の確認にて生じた疑問点をご申請者さまへ問い合わせる。

  6. 15:30 適合証作成・交付作業

    事務スタッフと連携し適合証明書の作成や交付、発送物の確認などを行う。

  7. 17:30~ 退勤

    退勤後は皇居ラン、フットサル、読書などをして過ごす。

募集中の職種を確認する

Work JIOで働く社員

技術職

技術職は建築現場で検査を行う検査員と、建築図面や資料を基に評価や審査を行う評価員(審査担当)が在籍しています。

営業職

工務店さま、建設会社さま、宅建業者さま、ハウスメーカーさまなどに、かし保険や検査、評価などのご提案を行います。

スタッフ部門

保険業務に携わるスタッフ、企画部門のスタッフを紹介します。

募集中の職種を確認する